【投資結果報告】円安昇龍拳!!ドル高・株高で資産バク上げ!の巻

GWは絶賛引きこもり中!

どもども、FIRE期間工です。

おーい、FXなんていう全世界を股にかけたギャンブルトレード「投資だ!」とかぬかして、ドル円売りでポジション持ってた馬鹿面ども。

息してるかー?

つい先日、日銀の方針による影響で、ドル円が一日でまさかの2円上げという「ハイパー円安」を記録しました。

これ、結構記録的なレベルですよ?

強制ロスカットを食らって、大事に抱えてた資産を軒並みふっ飛ばしたって人、結構出たんじゃないでしょうか。

ちなみに「週足」で見ても、明らかにトレンドラインをにぶち抜いてるんで、今後しばらく円安・ドル高が継続することになるでしょうね。

だーから、FXなんて投機商品はやめて、インデックスファンドの積立にしなさい!とあれほど。。

とまぁ、過去にFXで30万ふっ飛ばしたアホがほざいております。

人のこと偉そうに言えません。

あーい!とぅーいまてぇーーん!!(まさか知ってる人、もういない?エンタの神様ね)

ま、こういった苦い経験をすることで、初めて身にしみて理解できる部分もあるでしょうから、これもいい勉強代と思って考えればいいんです。

で、二度と「FX」「バイナリーオプション」なんていうクソゲーには手を出さないと固く誓って、それを鉄のルールとするんです。

たいして金の持ってない一般市民の僕たちが、リアルトレードで機関投資家に勝てるわけがないんですから。

貧乏人の僕たちは、インデックスファンドにドルコスト平均法で積み立てるという、「長期・分散・積み立て」を徹底して、愚直に継続していけばいい。

ただそれだけの話しなんです。

バフェット爺さんも言ってるけど、世の中の大半の人たちは、すぐ金持ちになろうとするから失敗するし、なかなか金が増えていかないのです。

こと投資においては、急いで金持ちになろうとするな。

時間がかかるんだよ、投資ってやつはな。

てなわけで、前置きがクッソ長くなってしまいましたが、今回は久々の投資結果報告でございます。

別に資産が減ったから更新してなかったわけじゃないんだからね!!!

純粋に「ああ、めんどくせ。。」って思って更新してなかっただけです。

ではさっそく行きましょう!!

目次

現金貯金と合わせたら、また300万超えました。

現在の資産額はこのようになっております。

他人の懐事情見るの好きでしょ?

いくらでも晒してやんよ!!!

たっぷり拝みやがれ!!!!!

てかさ、中古車買ったときに現金が全然足りなくて、泣く泣く特定口座の投資信託売却しちゃったの、未だに後悔してるんだよね。

僕の尊敬している「山崎元」さんも、「インデックスファンドは、現金が必要になったときに売ればいい」って言ってたけどさ。

やっぱり、いざこれだけ「円安・株高」の状態になると、「あのときに売却した特定口座のやつ、今も持ってたらいくらになってたんだろうなあ。。」って考えちゃうよね。

今まではまともに現金保有しないで、入った給料丸々インデックスファンドにぶち込んでましたけど、最近ちょっとだけ現金保有を増やすようにしました。

といっても、インデックスファンドの購入にはあてていないだけで、証券口座内に「預り金」として一時保有してるだけなんですけどね。

いつまた、〇〇ショック!!みたいなのが来るか分かんないし。

もはや証券口座自体が、銀行の「定期預金」みたいな感じになってんだよね。

むしろそっちの方が、「えーい、取り崩しちゃえ♪」って意識になりにくいから、余計お金が貯まりやすいんですよね。

もし、「貯金しようとはしてるんだけど、どうしても使っちゃう!!」って人は、純粋な貯金目的でインデックスファンドの積立やってみるのもおすすめですよ。

「もっと積み立てて、もっと増やしたい!!」

「もっとでっかくなれ!!!私の苗木よ!!!」

ってイメージになって、やっててすげぇ楽しいですよ♪

例えるなら、自分だけの畑を耕して、作物育ててるのに近いですね。

それと、「ダメ!!愚か!!」とまでは言いませんけど、現金保有のみで貯金してる人も非常にもったいないです。

貯金できてることと、その意識を保ててることは大変素晴らしいものなんですが、今回のような円安、そして物価高になるたびに、現金しか持っていない人は間接的に手痛いダメージを被ることになります。

だって僕の場合は、米国の「S&P500」に投資していた影響で、円安効果で資産が増えていますけど、現金保有のみの人たちは、何の恩恵も受けていないわけなんですから。

こういうのを、「機会損失」って言うんです。

いや、実際に物価高になって被害被ってるから、実損か。

それに証券口座にログインするたびに、たった1日で「6万」とか増えてるの見た日とか、「会社員アホらし。。」ってなりますよ、マジで。

自分の人生の可能性を広げる意味でも、投資をやるのは現代社会において必然であると、僕はそう思います。

積立投資が本格化すると、今度は人生の幸福度を天秤にかけ始める

でもね、積立投資にも弱点があるんですよ。

それはズバリ、「金を切り詰めて投資にあてても、人生幸せなのか?」ということ。

これはとどのつまり、投資にが入るようになると、証券口座にもっと入金して、もっと投資スピードを加速させよう!という欲が働きます。

そうすると、実生活における「自由に使えるお金」が目減りすることになるので、人生におけるお金の使い道が制限されることになるのです。

20万の手取り給料の内、今までは「5万円」だけ投資に突っ込んでたけど、2倍の「10万円」にすればもっと資産が増えて、更にFIREが早まるなぁ…!

でももっと積み立て額を増やせば、さらに早まるよなぁ…!!

よし!こうなったら、1ヶ月の食費を今までは「3万円」だったけど「5千円」に切り詰めて、余った分を投資にあてよう!!

みたいな。

それによって、「おいしいものが食べられなくなる」「栄養が偏る」「気軽に外食に行けなくなる」

そこまでして投資をやる意味ってあるの…?みたいな哲学的な思考に至ってくるわけです。

そうなると、必要となる考えは、「自分にとって、人生における幸せの定義とは何なのか?」

「なぜ、何の目的があってそもそも投資をするのか?」

という、人生観の捉え方の話しになってくるわけです。

だってさ、ほんとは海外旅行で一番行きたいと思ってるのが「フランス」なのに、お金がかかるからって、妥協してたいして行きたいとも思ってない「韓国」に行ったからって、心底楽しめないでしょうよ。

結婚して子供が生まれたってのに、一軒家をローンで組むのが嫌だからって、6畳ワンルームのアパートに家族で住み続けるってのもおかしい話しでしょうよ。

人生の幸福度を犠牲にして、お金を得るか。

お金を犠牲にして、人生の幸福度を得るか。

こういうのを「トレードオフ」って言うんでしょうね。

【 トレードオフ 】

トレードオフとは、何かを得ると、別の何かを失う、相容れない関係のことである。平たく言うと一得一失である。

それにしても、まさか投資をするようになって、こんな人生の哲学的な部分でも悩まされることになるとは思いもしませんでした。

これからは「投資」「お金」に関する本だけじゃなくて、「心理学」「哲学」の本もたくさん読んでいかなきゃいけないんだろうな。

ま、僕の皺一つない「ツルピカ」の脳みそに少しでも知識が蓄積されたなら、このブログを通して皆さんにお届けしていきたいと思います。

それではまた!!

【DMM FX】口座開設のお申込みはこちら

※個人的に「FX」はおすすめしません。が、絶対に稼ぐことはできない!とも言いきれません。

株式投資と違い、「24時間トレードできる」といった利点があるのも確かです。それでもやってみたいという方は、あくまでも自己責任でお願いします。

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次